原油取引をCFDで行おう

原油取引をCFDで行おう

原油取引をCFDで行おう

原油の取引を行うばあい、まず先物が有名です。
昔からある金融取引ですから、先物取扱業者で申し込めばすぐに取引を行うことが出来ますね。
口座を作成して入金すれば、すぐにでも行うことが出来ます。

 

昔は担当者を通じて取引を行うスタイルが一般的でしたが、現在はネットが普及してオンラインでのトレードを行えます。
原油の値動きはかなり荒いことが多く、担当を通じて注文を出す方法は、長期の予測が出来る人でなければ難しいところがあります。

 

先物もデリバティブ商品ですから、間違えると大きな損失を抱えます。
市場の取引時間も限られていますし、価格の連続性が無いので、ポジションを抱えてのロールオーバーは避けたほうが無難です。
このように考えると、原油の先物取引は決して初心者に優しい手法とはいえません。

 

それに比べるとCFDは敷居が低いと言えます。

 

まず投資資金が少なくて済みます。
数万円もあれば充分ですし、先物のように限月がありません。
市場も24時間のところを利用すればいつでも取引が出来ます。
価格の連続性が維持できるので、長期保有でも安心です。

 

価格の連続性があるということは、ある程度テクニカルな分析も通用します。
特に時間を限ったデイトレードやもっと短い時間での売り買いであれば、CFDの方が操作性が良いでしょう。
しかも手数料がいりません。先物は売り買いの毎に手数料が発生しますが、CFDではそんなことを気にせず行えます。
スプレッドがあるので、その値動き分は利益を確保しなくてはいけませんが、チャートの動きさえ読むことが出来ればあまり気にしなくても大丈夫です。

 

損失を限定させるためのストップもきちんと入れられます。
チャートの動きを見るためのチャートソフトも、FXなどと同じように使えます。場合によっては既存のチャートソフトが利用できるところもあるようですね。
メタトレーダー4を使ってる方ならすぐにでも取引になじめるでしょう。

 

操作性がよく、安全面も高い原油取引はCFDで行いましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ