CFDカバーとは

CFDカバーとは

CFDカバーとは

FXでは、顧客は業者と取引を行います。
これを店頭取引と言います。
これに対して現物の取引は、市場取引です。
株式などは株式のマーケットがあり、そこで決まった価格で取引が行われます。
このふたつの取引は似てるようで違っています。

 

あなたが株式を買いたいと思ったら、証券会社を通じてマーケットで株を購入します。
現在の値段で、株を買うと言う注文を市場に流すと、その値段で売りたいと言う人が答えます。
これで取引が成立し、株式はあなたの物となります。
証券会社は売買手数料で利益を上げるのです。

 

FXでは、あなたの出した注文を業者が取りまとめてカバー先の業者に流します。
カバー先では、その注文をディーリングマーケットへ流し、注文を消化します。
あなたの注文は直接市場に流れるのではなく、途中で別の業者がまとめます。
FXでは、一般投資家が直接取引ができないのでこのような形になります。
また、顧客は業者の決めた価格で売買を行うスタイルを取ります。
為替には決まった市場と言うのが無いので、銀行やファンドが実勢の価格を参考にしながら、直接取引を行っています。
その値動きを利用して、FX業者は顧客と取引を行っているのです。
カバー先は、FX業者の受けた注文をまとめてから市場へと送るのです。

 

FXでは、このカバー先が大変重要になってきます。

 

CFDでも同じで、CFD業者は直接、商品市場には入りません。
その市場に出入りできるカバー先と提携して注文を出しています。
その構造はまったくFXと同じです。

 

FXもCFDも、市場に参加できる業者(カバー先)が直接の取引を行いますので、どのようなカバー先と提携してるのかが顧客にとっても重要なところです。


ホーム RSS購読 サイトマップ