カバートレードとしてのCFD

カバートレードとしてのCFD

カバートレードとしてのCFD

CFDは非常に多くの商品を取り扱っています。
現在、総数を把握するのは困難ですが、6000種類以上のCFD商品があると言われています。
なぜそんなに多くのCFD種類があるのかと言うと、

 

まずCFDは価格の変動さえあれば簡単に作ることができます。
毎日変わる株式や商品の値動きがあるなら、それを利用して利益を上げる仕組みができるのです。

 

 

その商品は多くの人が関係する商品であることが望まれます。
いくら値動きが大きくても、取引が頻繁に行われなくてはCFDに使えません。
ある程度の流通量と値動きのある商品が好まれます。
世界中には様々な商品が市場で取引されています。
金銀などの貴金属や機械類、株式、原油、穀物などの農作物、家畜、エネルギー、自動車、電子機器類です。
それらは市場での取引によって日々値段が動きます。

 

現物である商品の取引の情報はマーケット情報として流れていますよね。
原油も毎日価格が変わります。

 

原油を買っても、輸送には時間がかかります。
その間に値段が大きく下がってしまったら損をします。
ですので、現物をカバーするために先物でショートポジションを持っておくと、損失が出た場合にいくらかはカバーできます。
先物でも、同じようにおもわくと反対に動いた時のカバーをCFDで行う事もできます。

 

農作物も、収穫までに時間がかかるので、そのリスクヘッジとして先物やCFDでカバーを行う事ができるのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ